TOP / アルビオンを体験 /  BEAUTY TIPS / メイク崩れを防ぐ コンシーラーの使い方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

シミやニキビ跡などの肌トラブルをはじめ、くすみやシワなどもカバーしてくれるコンシーラーは、オトナ世代の女性に欠かせないメイクアイテムの1つです。しかし、選び方や使い方によっては、便利なコンシーラーがメイクくずれや老け顔に見える原因になってしまうことも。時間が経っても美しい仕上がりをキープするには、コンシーラーの正しい使い方をマスターすることが大切です。

そこで今回は、メイクくずれを防いで美しい肌に仕上げるコンシーラーの使い方をご紹介します。

コンシーラーの選び方をチェックしよう


コンシーラーと一口に言っても、その種類はさまざま。肌の気がかりに合わせて適したものをチョイスすることが大切です。濃いシミやニキビ跡には、「スティック」や「ペンシルタイプ」がおすすめ。テクスチャーが硬くフィット感が高いので、ピンポイントでしっかりカバーしてくれますよ。

シミやソバカスなどの色ムラをカバーしたい時は「クリームタイプ」を使いましょう。カバー力がありながらのび広げやすく、広い面もきれいにカバーすることができます。「リキッドタイプ」は、のびが良くなめらかなので、動きの激しい目元や口もとにぴったり。クマやほうれい線を自然にカバーするのにも向いています。

コンシーラーを使うときのベースメイクの手順


コンシーラーを使う手順は、使っているファンデーションのタイプによって変わります。パウダータイプなら、化粧下地→コンシーラー→ファンデーションの順に。それ以外のリキッドやクリームタイプなどの場合は、化粧下地→ファンデーション→コンシーラーの順で使うのがおすすめです。

そして、コンシーラーの後にパウダーファンデーションを使うときは、スポンジやマットでコンシーラーをこすり取ってしまわないよう注意しましょう。強くこすりすぎるとせっかくカバーした部分が剥げたりヨレたりしてしまいます。

色選びと使い方をマスターしよう


濃いシミ・ニキビ跡には、色素の濃い部分と肌色の中間くらいの色を選びます。カバーしたい部分にコンシーラーを塗り、肌とコンシーラーの境目を軽くたたき込むようになじませると自然に仕上がります。

目もとのクマ・くすみには、色素の色味に合わせた色選びを。茶系のクマには、オークル系やベージュ系を、青系のクマには血色感を与えるピンク系のものを選びます。カバーしたい部分に適量をのせ、指先を使いソフトタッチで肌とコンシーラーの境目をなじませましょう。この時、コンシーラーを広げすぎずアイホールの範囲内でカバーするのがコツ。

老け顔の原因にもなるほうれい線には、口周りをワントーン明るく見せるためにリキッドタイプで明るめのカラーを選び、ほうれい線上にポンポンと指先でなじませます。厚塗りするとかえってシワが目立ち老け顔に見えるので、光を集めてシワを目立たなくするイメージで薄くのばしましょう。

ちょっとしたコツを覚えるだけで、トラブルゼロの美肌を演出することができるコンシーラー。自分にぴったりのアイテム選びや使い分をマスターして、メイクをもっと楽しんでくださいね。

一覧ページに戻る 一覧ページに戻る

PAGE TOP