TOP / アルビオンを体験 /  BEAUTY TIPS / うっかり日やけに注意 素早くアフターケアを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ジリジリと太陽が肌を照らしつける夏の季節、外出するときには必ず日やけ止めを塗っているという方も多いでしょう。しかし、夏の紫外線を甘く見てはいけません。自分では対策を行っているつもりでも、うっかりと日やけしてしまうことがあります。そして、ダメージを防ぐためには、アフターケアがとても重要です。速やかに行って、健やかな肌をキープしましょう。

うっかり日やけを起こしやすいパーツにも要注意


「とにかく顔だけは死守したい」「腕や肩などの広い部分はきちんと日やけ止めを塗る」。このように、顔や腕、肩などはしっかりと紫外線対策を行う方が多いもの。しかし、普段は髪や洋服で隠れている首の後ろ側や耳、デコルテは日やけ止めの塗り忘れが多くなります。

日頃はあまり意識しないパーツでもありますが、日やけしてしまうと他の部分との肌トーンの違いが目立ってしまったり、肌トラブルが起こることもあるため注意が必要です。また、塗っていても、汗で流れたり洋服でこすれたりして落ちてしまうことも。外出前にはもちろん、こまめに塗り直すことも大切です。

当たり前のことから1つずつ。いち早く“冷やす”ケアを


日やけはやけどです。冷やすのは当然のことですが、決して後回しにせず何よりも先に行いましょう。冷水でぬらした冷たいタオルやガーゼを日やけ部分に当てて、肌の火照りを落ち着かせます。  

体や広範囲のときには、水シャワーを軽く浴びるなどの方法がいいでしょう。日やけ後は半日~1日の間に炎症が起こりやすくなるといわれているため、気が付いた時点でいち早く冷やすケアを取り入れることが大切です。

乾燥した肌を“保湿ケア”で保護しよう


日やけ後の肌は水分が蒸発しやすくなっているため、普段よりも乾燥しやすい状態になっています。冷やすケアを行ったあとには、丁寧な保湿ケアに切り替えましょう。乳液や化粧水をなじませるときには、いつもよりやさしいタッチで。美容液はハンドプレスを行いながら肌になじませるように意識してください。

スペシャルケアとして、パックやミストを使用するのもおすすめです。夜のスキンケアタイムにはパックでうるおいを与え、日中の外出中や仕事中で乾燥が気になったときには携帯しておいたミストを使って保湿をしてあげましょう。うっかり日やけのダメージを防ぐためには、1日の終わりだけでなく、1日を通したケアが大切です。

食事や睡眠での“内側からのケア”も忘れずに


日やけをすると、体内ではシミやシワを引き起こす活性酸素が大量に作られます。肌トラブルを避けるためには、ビタミンAやビタミンE、ビタミンCなどを積極的にとって体の内側からもアフターケアに取り組むことが大切です。ビタミンAは、かぼちゃやほうれん草などに含まれ、ビタミンEはアボカドやナッツ類に多く含まれています。ビタミンCは柑橘系のフルーツや緑黄色野菜にたっぷりと含まれているため、バランスよく食事に取り入れましょう。

さらに、肌の再生は寝ている間に活発に行われます。日頃から質の良い睡眠は美容にも健康にも欠かせないものですが、日やけ後はとくに睡眠をしっかりととるようにしてください。

健やかな肌をキープするためにも、体の外と内の両方からのケアを速やかに行って、”うっかり日やけ”をなかったことにしてしまいましょう。

一覧ページに戻る 一覧ページに戻る

PAGE TOP