TOP / アルビオンを体験 /  BEAUTY TIPS / “全方位ガード”のUV対策
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

夏に限らず1年中降り注いでいるといわれる紫外線。中でも、これからの季節は太陽の光にじりじりと焼かれているのを、肌でも感じる季節です。アスファルトに反射した日差しには特に注意が必要。多少の地域差はありますが、一般的に夏至のころが紫外線量もピークだといわれています。

たとえ曇っていても雲間から太陽が出ている場合は、雲からの散乱光が加わり、晴れの日以上に紫外線が観測されるなんてこともあるのです。曇りだからと紫外線対策を怠るとあとでたいへんなことに…。そうならないために、今回は今すぐ実践できる正しい日やけ止めの使い方をご紹介します。


SPFとPAの違いを押さえよう
日やけ止めの効果の強さを知る目安に、SPFとPAがあります。SPFとは、シミやそばかすの原因になる紫外線UV-Bをどのぐらい防止できるかを表します。日本ではSPF50+が最大値。そして、PAは私たちの肌の奥にある真皮にまで影響を及ぼすUV-Aを防ぐ力を表します。UV-Aは室内にいても窓ガラスを通して入ってくるので注意が必要。最高値は、PA++++です。SPFやPAの効果が強くなればなるほど、肌への負担が大きくなるので、その日の予定に合わせて何種類かを使い分けるのがベストです。



合言葉はこまめに丁寧に!
どんなにしっかり日やけ止めを塗っても、時間が経つと汗や皮脂で流れてしまったり、ハンカチで汗を拭いたときにとれてしまったりと、いつのまにか落ちてしまっているものです。そのため、きちんと日やけ止め効果を持続させるためには、こまめな塗り直しと十分な量をしっかりと塗ることもポイントです。

また、塗りむらがあると、肌にも色むらができてしまうので要注意です。特に念入りに塗ってほしいのは、顔のなかで一番高い位置にある鼻、頬骨。そして、塗り忘れがちなのは、耳の後ろとあごです。耳の後ろは、髪の毛をアップにしたときなどに、背後から紫外線を浴びてしまうので気をつけてください。あご、特にあご先と首の間の部分は、アスファルトに照り返した紫外線を浴びやすい場所。陰になっているからと見逃しがちなので注意しましょう。


パーツ別日やけ止めを取り入れて“全方位ガード”
紫外線対策というと顔や腕、脚にばかり気を取られてしまいますが、実は、手の甲や足の甲、唇、髪の毛も日にやけやすい部分。手の甲は年齢を重ねたときにシミができやすいですし、唇は黒ずみやすい部分。また髪は、紫外線を浴びるとカラーリングの退色やパサつきが起こります。そうならないためにも、最近では部位別の日やけ止めが出ているのでそれらを活用してみましょう。手の甲や唇にはUVカット効果のあるハンドクリームやリップクリームを使うと安心して外出できます。夏は紫外線で乾燥しやすい季節なので、しっとり潤うものを選びましょう。

そして、最後に忘れてはいけない重要なポイントをひとつ。それは、全方位ガードしたその後は、家に帰ったら丁寧にクレンジングして日やけ止めを落とすこと。きちんと落としたあとは丁寧に保湿ケアをして、紫外線で傷んだ肌や髪を癒してあげましょう。

一覧ページに戻る 一覧ページに戻る

PAGE TOP