TOP / アルビオンを体験 /  BEAUTY TIPS / 秋色メイクで 大人の悩みを解決
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コスメカウンターはすっかり秋色ですね。今年の注目は“深みカラー”。アイカラーはバーガンディーなど深みのある色のパレットが多く、ここ数年人気の赤リップも、華やかさだけでなく落ち着きのある色みが増え、よりバリエーションが豊富に。そんな秋の“深みカラー”は、使い方次第でエイジング悩みをカムフラージュすることができるんです!



たるみ顔には深みブラウンアイシャドウ


エイジングを感じさせやすい肌のたるみですが、実は目元の印象を強めることで軽減できます。肌はハリ感を失うと、下方向へと垂れ下がります。そこで、人の視線を引き上げるために、顔の上部に比重を置いたメイクを意識しましょう。

そんなときに活躍するのが、同系色のグラデーションのパレットアイシャドウ。中でもトライしやすいのはブラウンです。いつもよりワントーン濃い”深みブラウン”を選んでみましょう。濃い色みと淡い色みを効果的に使うことで、基本のメイクテクニックでも、日本人の平坦な顔立ちにメリハリが生まれます。見た目の印象が自然と上方向に引きつけられ、ひきしまって見えますよ。

■メイク方法
1. ハイライトカラーをアイホールと下まぶたに入れる
アイホール全体にパレットのいちばん淡い色をのせます。下まぶたは目頭と目尻の両サイドから黒目に向かって細く入れましょう。色をのせるのは、付属のチップやブラシなどでOKです。

2. 上まぶたに中間色を二重幅にのせる
中間色の濃い色の方を、上まぶたの目の際に沿うように目頭側から二重幅にのせていきます。

3. 濃い色をアイラインのように引く
いちばん濃い色を、上まぶたのまつげの際全体と、下まぶたの黒目の下まつげの際にアイラインのように細めに引きます。

4. ラインをぼかして完成
3. でつきすぎたラインやアイシャドウの色の境目がくっきり出てしまっている部分を、チップやブラシで優しくぼかすようになじませましょう。


疲れ顔には赤みリップ


体調はいいのに、人から「なんだか疲れてる?」なんて言われたことはありませんか?それは肌のくすみのせいかも。年齢を重ねると代謝が滞り、肌のターンオーバーが遅くなることでくすみやすくなります。また血行も悪くなり、肌から血色感が失われがちに。

そんな肌には、しっかりと色を主張する赤系リップがオススメです。ひと塗りするだけで血色感がプラスされるだけでなく、肌色をトーンアップさせてくれる効果があります。肌も唇も明るさが増すと、元気な印象を与えてくれますよ。

赤いリップはちょっと・・・と尻込みしている方も、次にご紹介するメイク方法なら、肌に自然になじんでくれるのでお試しを。

■メイク方法
1. 赤リップを直塗りしてティッシュオフ
しっかり色づくタイプのリップを唇に直塗りします。その後ティッシュで色を押さえます。これを2、3回繰り返して。こうすることでしっかりと色が唇に定着し、自分の唇そのものの色のようになじみます。

2. リップをつけた綿棒で唇の輪郭を整えて完成
綿棒の先端にリップをとり、唇の輪郭をなぞるようになめらかなラインに整えて。綿棒を使うことで、リップブラシほど輪郭をくっきりさせずに、けれど直塗りしたリップを丁寧に仕上げることができます。

秋色を取り入れながらエイジング悩みまで解消できるメイクは、ずっと使える技なので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

一覧ページに戻る 一覧ページに戻る

PAGE TOP