TOP / アルビオンを体験 /  BEAUTY TIPS / 盛夏を迎える前に 基本を抑えてゆる美白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

季節の移り変わりと同時に、スキンケアやコスメを一気に美白ラインに揃えるのは厳しいもの。そこで今回は、手持ちのアイテムの活用と、日常行っているスキンケアに取り入れられる美白ケアのテクニックをご紹介します。

毎日の習慣に少しの工夫を取り入れて、真夏も透明感のある輝く肌ですごしましょう。

透明美肌に"うるおい"は欠かせない!


季節を問わず、私たちの肌は乾燥にさらされています。乾燥はシワやたるみを引き起こすだけでなく、肌の透明感やツヤにも影響を及ぼすもの。特に夏は、エアコンや多量にかく汗、紫外線を浴びることにより、実は冬と同じくらい肌が乾燥してしまうんです。

そこでまずしなくてはならないのが、肌をうるおいで満タンにする保湿ケア。うるおいをいきわたらせることで肌のブースト機能が高まります。その状態なら美白コスメに配合されている美白成分もぐっと肌に入りやすくなるので、美白美容液を1本投入するだけでも十分に透明感を引き出すことができますよ!


■洗顔と同時にマッサージで代謝を促して、肌を元気に


しっかり泡立てたたっぷりの洗顔料で、肌全体をマッサージするように洗います。するとマッサージの効果で肌の代謝がグンと促され、肌が元気になります。

さらに、洗顔後のスキンケアを行う前に、スチームタオルとアイスタオルを肌に交互に当てると肌はもっといきいきとします。毎日の習慣にすれば、自然とうるおいを引き込む肌状態に整いますよ。


■ハンドプレスと、うるおいを入れ込むダメ押しマスクがポイント


いつもの乳液や化粧水をつける際、必ず手のひらでギュッと押し込むことを忘れないで。このひと手間で肌へのうるおい浸透力が格段に変わります。もちろん、1本投入する美白美容液をつけた最後も、ハンドプレスをすると体温や密封効果でぐっとなじむので、ぜひクセづけて。

そのあと、もし時間に余裕があれば、保湿効果の高いシートマスクを使って保湿ケアのダメ押しをすると、数時間経ってもうるおいを留めた肌が続きます。


■日中は紫外線防御力の備わったパウダーでこまめにお直しを


しっかりと保湿をして美白成分が肌になじみやすくすると同時に、もちろん日やけを防ぐことも大切です。スキンケア後、メイクをする前に日やけ止めや下地を塗ることはもはや常識ですね。でも蒸し暑いこの季節は、汗や皮脂でメイクが落ちてしまい、日やけ止め効果が薄れてしまいがち。

そこで活躍するのが、紫外線防御力のあるパウダーファンデーションやフェイスパウダーです。日やけ止めの役割も果たしてくれるので、外出する時はポーチに入れて必ず持ち歩き、メイクのお直しと併せて紫外線対策もしましょう。


今、世の中には美白スキンケアが目白押し。ところが、美白ケアは時間をかけなくては結果が表れにくいと言われ、こころざし半ばでケアを諦めてしまったり、結果を感じないままなんとなくスキンケアを続けている人が多いそう。

理想的な美肌を目指すなら、何よりも肌状態を高める保湿ケアが一番の近道。この時期は保湿プラス美白美容液、そして日中はこまめな化粧直しで、盛夏に向けての準備を整えましょう。


※美白とは、メラニンの生成を抑えて日やけによるシミ、ソバカスを防ぐことです。

一覧ページに戻る 一覧ページに戻る

PAGE TOP