TOP / アルビオンを体験 /  BEAUTY TIPS / 季節の変わり目に! 簡単ゆらぎ肌対策
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日ごとに春めいてきました。そんなほがらかな陽気であればあるほど、花粉が舞い飛ぶのを感じ、外出したくないと思っている方も多いことでしょう。ここでは、花粉症で目や鼻が辛いだけでなく、なんだか顔がむずがゆいとか、乾燥が激しいなど、肌のゆらぎに悩まされている方に、少しでも気持ちよく過ごしていくためのゆらぎ肌対策法をご紹介します。

ゆらぎ軽減は、帰宅後の速攻ケアがカギ 

一日外出して、全身に花粉やほこりをまとって帰宅した際は、そのまま家に入らず、玄関の外で衣服や髪の毛などを払いましょう。そして即、洗顔!がオススメです。刺激物質をいつまでも肌にのせておかずに、すっきりとクレンジングをすると、肌は格段にラクになります。できればそのままお風呂に入りたいもの。
ちなみに、ストレスは免疫力を低下させ、ますます刺激を受けやすくしてしまいます。入浴時にはぜひ、ユーカリやラベンダーなどリラックス効果の高いハーブ系の入浴剤で自分自身を癒してあげることが大切です。

 
スキンケアは保湿重視!

肌が過敏なときは、代謝も免疫力も下がっているとき。何をしてもピリピリ刺激を感じるなら、敏感肌用のスキンケアにスイッチすることをお薦めしますが、「なんだかいつものスキンケアの効きが悪いな、入っていかないな」と感じる程度なら、乳液や化粧水など基本のお手入れをした最後に、その都度ハンドプレスしながらじっくり入れ込んで、いつもより丁寧にケアしてみましょう。導入美容液や美容オイルなどを先にのせて、うるおいを引き込むブースト効果を狙うのも効果的です。
また、鼻をかむたびにどんどん油分が奪われて、カサついたり赤くなってしまう小鼻周りは、かむ前にササッと保湿クリームやオイルを塗っておくと摩擦から肌を守れますよ。この時期は、メークの上から気になる部分にほんの少量だけ保湿クリームをなじませて、日中の乾燥から守ることもひとつの手です。

抗炎症や抗酸化効果の高いお茶を味方に

最後に、体の中からゆらぎケアできるお茶をご紹介します。花粉などのアレルギーや、紫外線や乾燥などの外的ストレス、さらに新年度のスタートなどで内的ストレスを抱えていると、ホルモンバランスがくずれ、免疫力や代謝が低下しがちに。そんな今こそ、抗炎症効果や代謝アップ効果に優れるヨモギや、抗酸化効果の高い甜茶、ルイボスティー、ハト麦茶などを煎じて飲むことをお薦めします。マイボトルに入れて、日中も飲み続けると効果を実感することでしょう。

春先のゆらぎは、毎年必ずやってくるもの。いかに軽減する方法を知っているかで、この時期の明暗が分かれます。ひと手間加えるだけで、グッと快適度がアップする内外美容を取り入れて、ゆらぎやすいこの季節を元気に乗り切ってくださいね。

一覧ページに戻る 一覧ページに戻る

PAGE TOP