TOP / アルビオンを体験 /  BEAUTY TIPS / 眼鏡やマスクの日も! 美人度アップメイク術
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

3月に入り、少しずつ気温も上がってきて過ごしやすくなってきました。それと同時に花粉の量も増し、眼鏡やマスクが手放せなくなっている人も多いかもしれません。でも、どうせ顔を覆うから…と、メイクをしないのは大人としてNG。そこで今回は、眼鏡やマスク姿でもきちんと感を印象づけられるポイントメイクをご紹介。ナチュラルだけど、メリハリのある顔になれますよ。

眼鏡のフレームは囲み目効果大!
頬と口元は血色カラーで健康的に


眼鏡はファッションとしても人気のアイテム。花粉の防御アイテムとして使う人たちにも眼鏡姿を少しでも楽しんでもらうために、眼鏡をメイクの味方につけましょう。

まずは目元から。眉毛は眼鏡のフレームの上から出る部分なので、眼鏡のフレームがフラットなら眉もストレート気味に。丸みを帯びているものなら、ややカーブ気味に描きましょう。フレームに合わせることで、太眉でも主張され過ぎず、しっくりと顔にハマります。

アイシャドウはナチュラルカラーをチョイス。ベージュ系をアイホール全体にのせたら、そのベージュよりやや濃いブラウン系のアイシャドウを上まぶたの目の際に入れて。
マスカラは、盛り過ぎないことがポイントです。長さを出し過ぎるとレンズに触れてしまい邪魔になるので、まつ毛1本1本を広げるセパレートタイプで自然に仕上げるのがおすすめ。物足りなさを感じるなら、下まつげをしっかりとつけましょう。長さと量感が出て、印象的な目元になりますよ。
普段のメイクより薄盛りと思っても、この上から眼鏡をかけると、フレームが囲み目効果を与えてくれ、目力アップ!まさに“眼鏡は顔の一部”だと思いましょう。

頬は肌なじみのいいベージュ系がベスト。チークは眼鏡と肌の境目にくるものなので、鮮やかな色をのせてしまうと悪目立ちしてしまい、厚化粧っぽく見えてしまいます。また眼鏡をかけると、フレームに強調されて頬がたるんだ印象に見えることがあるので、頬骨の中心から耳方向に引き上げるように塗ることがポイントです。
顔の中で圧倒的な存在感が出る眼鏡と対照的にするために、唇も血色感を感じさせる程度のベージュピンクなどがベター。ただ、唇全体にしっかり塗り、ツヤ感を出すことできちんと感はアピールできます。


顔をすっぽり覆うマスクは
目力アップの必需品!


顔の半分を覆うマスク。花粉症や風邪を引いている時に欠くことのできないアイテムですが、最近はすっぴん隠しに使っている人も多いですよね。でも、肌はなんとか隠せても、目元はむき出しのまま。だからこそマスク姿の目元は、メイクの“要”なのです。

せっかく春の新色が出そろってきているので、アイシャドウは好きな色を使ってみて。今年はパステルカラーが大流行中です!
まぶたが決まったら、次はアイライン。しっかり引くのではなく極細く、で問題なし。まつげの隙間を埋めるようにするだけでも、まつげの毛量が増えて見えるので、目力アップにつながります。
そして、マスクメイクの決め手となるまつげを整えます。目指すのは、程よくカールされた長さのある繊細なまつげ。まつげの根元にマスカラをしっかり当て、毛先に向かってスーッと抜くように一気に塗ると、ダマにならずきれいなセパレートまつげが作れます。

眉毛は普段通りでOKです。
【関連情報】顔の印象を左右するNEO太眉の描き方


眼鏡もマスクも、今やマイナスイメージは皆無。むしろおしゃれやメイクを楽しむツールとして取り入れると、ネガティブな気分も払拭して、これから訪れる春もウキウキ気分で迎えられそう。ぜひ試してみてくださいね♪

一覧ページに戻る 一覧ページに戻る

PAGE TOP