TOP / アルビオンを体験 /  BEAUTY TIPS / パーティもおまかせ! 簡単ヘアアレンジ術②
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ドラマの影響もあり、“大人の女子会”が定番化。しかも年末年始は同窓会やパーティなどの集まりで、かつての友人などと久々に会う機会も。そこで今回のヘアアレンジは、大人女子からも一目置かれるような“カッコかわいい”ダウンスタイルを提案します。おでこを見せることで自信のある大人の女性をアピール。さらに、難度が高そうに見える編み込みを取り入れることで、おしゃれを楽しんでいる “こなれ感”も演出できますよ。

How to
①髪全体にゆるめのカールをつけておく
 

まず、髪全体をホットカーラーやヘアアイロンで巻いておきます。ホットカーラーもヘアアイロンも太めのものを使い、さりげないゆるカールを作っておきましょう。

②前髪をオールバックになるようにクセづける 

前髪を後方にブラシでとかし、オールバックになるようにします。前髪の短い人は、ホットカーラーなどで外巻きにクセづけして。このひと手間をかけることで、短い髪がパラパラと落ちてくることを防げます。


③トップから大きめの編み込みを作っていく 

トップの毛をすくい3束に分け、そこから左右の毛を巻き込むようにしながら、耳のラインまで編み込みにしていきます。この時、毛束を細かく取ってしまうと目の粗い編み込みになるので、ざっくりと多めの毛束をすくうのがコツ。髪を編み込む回数は、左右対称に2~3回程度でOKです。

④編み込みの最後をピンで固定し、指でルーズ感を出したら完成 

編み込みんだ最後の根元を少しもち上げると、トップが高くなります。その位置でピンでしっかり固定しましょう。仕上げは、編み込んだ部分の毛を指で引き出してルーズ感を演出。これだけで編み込みがぐっと大人の雰囲気になるだけでなく、作り込まれたヘアスタイルに見えます。

ワンポイントアドバイス 

ハーフアップなどのアレンジスタイルの時、バレッタや飾りピンなどを使うと“留めるだけ”で簡単ですし、アクセントにもなります。ですが、隠しピン使いをしてあえて装飾をつけないことで、「いったいどうなっているの?」と思わせることができ、こなれた印象になりますよ。


女性はおしゃれに敏感。ファッションもメイクもヘアも、さりげなく普段と差をつけるだけで注目されるものです。今回紹介した編み込みは、ルーズ感が必須。不器用でこれまで編み込みが上手に出来なかった方にこそ、気負うことなくチャレンジしてほしいヘアアレンジです。パンツなら上品カジュアルにランクアップ、ワンピースならレディなよそ行きスタイルへと演出してくれるこの簡単アレンジ。ぜひファッションと一緒に楽しんでみてください。

一覧ページに戻る 一覧ページに戻る

PAGE TOP