TOP / アルビオンを体験 /  BEAUTY TIPS / ゴワつき肌をクリアに 夏→秋のシフト美容
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

“女は秋に老ける”といわれています。それは、夏の間に強い紫外線や効きすぎのエアコンに当たり、肌の代謝が滞ることでさまざまなエイジングサインが出現するからです。9月は上旬と下旬でかなり気候が変わる月。その変化に肌がついていけないと、肌のバリア機能は急激に低下し、肌は硬くゴワついてしまいます。そこで、夏ダメージと季節の変化が引き起こす“肌のゴワつき”を癒して健やかな肌へ導くケアをご紹介します。

まずは知っておこう! ベストな肌状態は
角層のうるおいバランスが整っていること
 

同じような年代、また似たような顔立ちなのに、パッと見て肌がキレイ!と思うのは、“透明感”や“しなやかさ”を感じさせる肌。それは肌表面のキメが細かく、肌に色ムラがなく、血色感が溢れていることが合わさることで、そう感じさせるのです。いずれも、肌がうるおっていなければ、その状態にはなりえません。ただ水分だけを補給すればいいということではなく、水分や油分などのバランスも大事。日頃から“角層のうるおいバランス”を整えることを意識すると、いつしか誰もが憧れる“透明感のあるしなやかな肌”に近づけるでしょう。

要注意なのは、ゴワつくからとやみくもにスクラブ洗顔をしたり、ゴシゴシ肌をこすったりして肌を傷つけてしまうこと。夏の終わりのゴワつきは、いわゆるゆらぎ状態と同じです。肌がびっくりしてしまうような直接的ケアはおあずけにして、普段のスキンケアで水分・油分のバランスが良い肌に戻していくよう心掛けましょう。


①スキンケアを美白モノから
 保湿モノにシフトして
 

春から夏にかけては、紫外線ケアやシミケアのために、美白に特化したスキンケアを使っていると思いますが、これから迎える秋冬は空気が極端に乾燥します。夏ダメージのケアを継続しつつ、そろそろ保湿アイテムもプラスして。そして、本格的な乾燥の時期に備え、高保湿タイプのスキンケアに切り替えていきましょう。

②肌にうるおいを与える乳液やオイルを
 積極的に取り入れよう
 

ベタつくからとスキンケアから乳液を省いている人はいませんか?それは乳液が、油分で肌の水分にフタをするというイメージあるのかもしれません。でも実際には、角層の潤いに近い水分や油分、保湿成分でできているものも多いので、意外なほど肌にスムーズになじんでいきます。だから、使う程に肌にうるおいが蓄えられるので、肌はほぐれたように柔らかさが増していくのです。なじませるだけで肌感触が変わるのですから、乳液を使わない手はありませんよね。

また、夏の疲れが出た肌や深刻な乾燥に見舞われたら、オイル使いがおすすめ。肌に直接なじませるのもいいですが、手持ちの乳液やクリームにプラスすると、よりしっとり感がアップします。

③乾燥時期はスチーマーで
 加湿しながらスキンケアを
 

美容研究家には肌がきれいな人がたくさんいますが、みなさん共通しているのは、生活の中に必ずスチーマーや加湿器があること。日常的に肌がうるおっていれば、季節が変わろうと少し体調が変化しようと、極端な乾燥にはみまわれないのだそう。特にスチーマーを浴びながらのスキンケアは、化粧品の肌への浸透も良くなるので、効果も格段に上がるのだとか。今、家電店に行くと手頃な価格やサイズのスチーマーが揃っているので、仕事中や自宅にいる時に使えるものを選んでみてもいいですね。

いかがでしたか?
夏から秋へ変化する時期のゴワつきは、極端な水分の低下が招いていることが大きな要因です。そんな時に強めのマッサージをしたりこすったりすると炎症を起こしかねません。老けない女でいるためにも、“肌のゴワつき”は普段のうるおいケアで優しくかつパワフルに改善することを目指しましょう。

一覧ページに戻る 一覧ページに戻る

PAGE TOP