TOP / アルビオンを体験 /  BEAUTY TIPS / 春のゆらぎ肌対策
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

普段通りのスキンケアをしていても、春先はカサつきやかゆみ、赤み、吹き出物などのトラブルを抱える、という声をよく耳にします。それこそ、肌がゆらいでいる証拠。そこで今回は、ゆらぎ肌の原因を探りながら、外的、内的ストレスに対応できる“肌のバリア機能”を強化し、肌体力をつける方法をご紹介します。


春は肌ストレスの宝庫!

ポカポカと暖かい春は快適に過ごしやすいというイメージがありますよね。でも実は、肌には過酷な時季。冬から続く乾燥のほか、急増する紫外線量、花粉や黄砂、PM2.5の飛散などによるダメージも大きいはず。さらに春は、年度の切り替えの時季であり、異動などによる新しい人間関係で緊張感が続いていることも。そうなるといつの間にか吹き出物ができていたり、肌がガサガサになったりするなど、肌トラブルとして表面化することもあります。


ゆらぎがちな肌には
負担をかけないケアが肝心

肌体力をつけるには、上記で述べた外的・内的ストレスに対抗するために、“肌のバリア機能”を強化することが大切。バリア機能の低下した肌は、角層がめくれていたり、肌内の細胞の層が乱れたりして刺激を感じやすい状態。そのまま放っておくと、外側からの刺激を受け入れやすく、内側からは潤いが逃げてしまうという悪循環となります。普段からなるべく肌への負担を取り除くケアを意識しましょう。

まずはクレンジング。力の入りにくい中指と薬指を使ってクルクルとメイクをなじませれば、肌全体に圧力がかかりすぎるのを防げます。
洗顔は、とにかくもっちりと泡立てた泡を作り、肌の上で泡を転がすように洗いましょう。
そして洗顔後は、潤いバランスを整え、健やかでやわらかな素肌を保つスキンケアにスイッチしてお手入れするのがおススメです。
ゆらぎ肌をケアする際のポイントは“優しく、ていねいに”肌に潤いを与えること。自分自身が肌をいたわる気持ちを持って接すれば、きっと肌は応えてくれるはずです。


抗酸化効果のある食材で
肌のバリア機能を回復

肌のゆらぎは、体の免疫力も関係しています。体に免疫力が備わっていないと、内臓の働きや新陳代謝が悪くなります。そうなると、肌のターンオーバーサイクルにも影響を与え、肌のゴワつきや吹き出物の原因を引き起こすことも…。そこでおすすめなのが、抗酸化成分を摂り入れた食事です。抗酸化物質は体内で発生する活性酸素をおさえ、紫外線ダメージなどから守ってくれる効果があるといわれています。特に、野菜などの植物性食品に含まれる物質“フィトケミカル”は高い抗酸化作用があり、トマトやブロッコリーなどに含まれています。フィトケミカルは火を通すことで成分が溶け出すので、余すことなく摂取するためにもスープや鍋料理などにして食べることがおススメです。


生活習慣を見直すだけで
ストレスから身を守れる!

そしてゆらがない肌のためには、睡眠も大切。夜の10時~翌午前2時が成長ホルモンの分泌される時間帯とされ、“肌のゴールデンタイム”とも呼ばれていますが、働く女性にとっては正直難しいもの。でも、毎日決まった時間に寝室に入るなど睡眠サイクルを整えるだけで、自分に合った“ゴールデンタイム”を作り出すことができるでしょう。さらに、眠りを質の良いものにするために、枕にこだわってみたり、癒し効果のあるピローフレグランスやリラックス効果のあるボディクリームなどで睡眠環境を整えてみたりするのも手です。

心地よい陽気の今から、来る夏を存分に楽しむためにも、肌を慈しむとともに肌体力をつけて輝くような美肌を保ちましょう。

一覧ページに戻る 一覧ページに戻る

PAGE TOP