TOP / アルビオンを体験 /  BEAUTY TIPS / 大人の パステルメイク入門
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

いよいよ春本番。重いコートは脱ぎ去り、軽やかな春服でオシャレをしたくなってきました。メイクも春っぽくしてみたいけれど、急に「流行りはパステルメイク」と言われても、どうしていいのか分からない方も多いことでしょう。
そこで今回は、大人の女性にこそ取り入れてほしい、パステルメイクの極意をパーツ別にご紹介します。

パーツ別・大人のためのパステルメイク、ポイントはココ!

【アイメイク】
オススメはラベンダー。目尻や下まぶたにのせて楽しんで

アイシャドウはブラウン一辺倒で冒険できない、という方にこそオススメなのが‶ラベンダーの部分使い”。ラベンダーはピンクより甘すぎず、ロマンティックでエレガント。くすみがちなまぶたに透明感も与えてくれるので、まさに大人のためのパステルカラーです。これをベタッとまぶた全体にのせると派手になるので、上まぶたの目尻側半分だけに入れたり(目頭側にのせると、影色に見えてキツく見える可能性大なので要注意)、下まぶたに細めにふんわり入れると、色香が漂います。

One Point Advice
目頭側半分は淡いパステルピンクで優しさと明るさを表現しましょう。そして、目の際をブラウンのペンシルアイライナーで柔らかく引き締めれば、気品のあるまなざしがあなたのものに。

 
【チークメイク】
肌全体の透明感をアップさせる明るいピンクを広めにぼかして

チークは、目元と唇の橋渡し役。ベージュ系やレンガ色系のチークではシックすぎて、目元の明るい印象を沈ませてしまいます。オススメは赤みのあるピンク。
頰の高いところを中心に、頬骨に沿って楕円形に入れた後、さらに目の下まで上に向かってぼかします。すると目元の青み系のクマやくすみがパッと晴れるのでぜひ実践してみてください。

One Point Advice
パウダーチークでもいいのですが、この春はみずみずしいツヤ肌に仕上がる“クリームチーク”や“ウォーターチーク”も人気。これを使うとさらにイキイキ感がアップします。


【リップメイク】
ツヤのある“ザ・ピンク”で、春の花のような華やかさを演出

マットタイプやステインタイプ(素の唇を着色したかのような密着タイプ)もありますが、大人の唇は“ツヤ”が大切なキーポイント。
しかも赤みのあるピンクを選べばツヤと赤みのW効果で、肌を明るく見せてくれます。色白の方なら、思い切った鮮やかピンク。オークル肌の方なら、ゴールドパールが入ったピンクを選べば肌から浮きません。

One Point Advice
唇の色が暗い人や赤みが強い人は、一度コンシーラーやファンデーションをスポンジに取り、唇の色を補整しておきます。発色がアップするので、ぜひ試してみてくださいね。


いよいよ心躍る春の到来です。素敵なパステルカラーがたくさん出ていますので、ぜひトライしてみてください。ポイントは、透明感がほしい目元には寒色系パステル、血色感をプラスしたいチークやリップには赤みのあるピンクを取り入れること。大人のパステルメイクをマスターして、咲き誇る春を満喫しましょう。

一覧ページに戻る 一覧ページに戻る

PAGE TOP