TOP / アルビオンを体験 /  BEAUTY TIPS / 美容オイルで 全身乾き知らず!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今、美容界では空前のオイルブーム。これまで美容オイルを使ったことのなかった方からも注目されていますが、実はずっと前から、美容好きの間では〝万能コスメ〟として愛用されています。
今回は、そんな美容オイルを使った潤う肌づくりを提案します。


オイルを使うとベタつく、は迷信!
スッと浸透するから肌表面はサラサラ


〝オイル〟にはどんなイメージがありますか?そのとろりとした形状から、触るとベタッとするものと思われる方も、まだまだ多いかもしれません。でも、美容オイル愛用者たちがそろって口にするのが、「さらっと使える」「浸透のスピードが速い」など、全く反対の好印象な意見。それもそのはず、主に美容オイルに使われるピュアな植物オイルは分子構造が細かいものばかり。それらは肌との親和性も高くスッと浸透するので、ベタつきを感じることはほとんどありません。

肌は乾燥を感じると、自らの皮脂で油分を補おうと働きます。それが肌のテカリを引き起こしている主な要因です。そんな皮脂バランスの崩れた肌には、肌の内側はしっとり潤しつつも、肌表面はサラサラに仕上がる美容オイルが効果を発揮!じっくりと肌を保湿できる夜のスキンケアにはもちろんのこと、朝のスキンケアにオイルを組み込むのもおすすめ。メーク前に皮脂バランスを整えておくことで、日中の化粧崩れを防ぐことにもつながります。


美容オイルは、肌のケアから
ボディ、髪とマルチに使えるアイテム


しっかりと潤いを行き渡らせる美容オイルは、乾燥してしぼみがちな肌にイキイキとしたツヤをもたらす優秀アイテム。顔と同じく視界に入りやすいデコルテに仕込んでおけば、ツヤツヤな肌印象に見せるだけでなく、顔のレフ版効果も出て一石二鳥です。
また、乾燥で硬くなりがちなひじ、ひざ、かかと、粉ふきが気になるすねなどの保湿ケアや、毛先の広がりやパサつきを抑えながらツヤを与えるヘアケアとしても大活躍。全身のツヤと潤いケアが美容オイルだけでかなうのですから、こんな万能アイテム、ひとつは常備しておきたいですね。


今やオイルは、日焼け止めやファンデにも!
オールオイルケアで潤い&ツヤを充満


浸透力やツヤアップなどの効果を素早く発揮できるとして、スキンケアやヘアケアで取り入れられてきた美容オイル。これらの優れた機能でさらに美しさを高めようと、オイル状の日焼け止めやファンデーションも登場し、注目を集めています。冬に限らず、エアコンの影響などで今やシーズンを問わず乾燥にさらされる、私たちの肌。乾かない肌づくりのために、すみずみまで行き渡る潤いと、肌質が向上したようなツヤ感を与えてくれる〝オイル〟に頼ってみてはいかがですか。


《コラム》
食事で摂るオイルは
オメガ3脂肪酸を意識しよう


私たちは毎日摂る食事で、実は多くのオイルを摂取しています。直接体内に摂り入れるなら、良質なオイルを選びたいもの。おすすめは、亜麻仁油やシソ油、クルミ。これらは現代人が不足しがちな必須脂肪酸のひとつ〝オメガ3脂肪酸〟が主成分で、ビタミンやミネラルを豊富に含みます。摂取することで便秘の解消や肌あれ防止に効果的です。ただオメガ3脂肪酸は加熱すると効果が弱まってしまうので、ドレッシングなどとしてサラダにかけて、〝生〟の状態で摂取するのがいいでしょう。

一覧ページに戻る 一覧ページに戻る

PAGE TOP