TOP / アルビオンを体験 /  BEAUTY TIPS / 真冬の冷えを解消する食事のススメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

冬真っ只中。冷え症でお困りではありませんか。冷えは女性の大敵。体温が下がると免疫力が低下し、代謝が悪くなります。すると、肩こりや腰痛になりやすくなるほか、体内の老廃物が排出されにくくなって……こうしたスパイラルが体調不良や太る要因となるため、冷えをそのままにしてはダメなのです。

冷えた体は“血行促進”と“代謝アップ”がキーワード。運動で改善したいところですが、それはなかなか続きません。昔から気候の変化による体の不調は、旬の食材をしっかりと摂り入れることで改善してきました。ここでは、体を温める冬の旬の食材をおさらいし、ムリなく美味しく食するススメをご案内。ぜひ、今晩から積極的にメニューに取り入れてくださいね。


まずは、温め食材の代表格“根菜”を

冬野菜を代表するレンコン、ゴボウ、ネギ、カブなどの根菜には特に体を温める効果があります。それは、土の中に存在するミネラル分をたくさん含み、それを食べることで体内エネルギーへと分解されるからです。その主成分の中でも特に、ビタミンEやCには血行促進効果や抗酸化効果が高く、血液をサラサラにする効果も抜群。そのため食べることで血流量がアップして温まるとされています。根菜以外では、海藻も同様にミネラル分が多いので、体を温める効果が高いといわれています。

‶暖色系‴の食べ物も温め効果大

一般的に、人工的に精白・漂白したものより、自然に近い色のもののほうが温め効果が高いとされています。例えば白砂糖より黒砂糖、白米より玄米など。
さらに、リンゴやプルーン、トウガラシなど‶赤い食材‴も温め効果抜群です。
特に、トウガラシやシシトウに含まれる“カプサイシン”は燃焼効果が高く、ショウガに含まれる辛味成分“ジンゲロール”やネギやタマネギに含まれる“アリシン”も発汗作用に優れているので、まさに代謝がアップ。冬こそ鍋などでたっぷり食べてしっかり汗をかきたいものです。


簡単レシピで美味しく温まるおかずに

このように血液をサラサラにして“血行を促進”し、発汗させて“代謝アップ”する食材は、ショウガ以外にもたくさんあります。最後に今晩から実践できる、簡単おかずレシピ「白菜と百合根、ホタテの塩麹煮」をご紹介します。

冬の食材、白菜と百合根が主役。特に百合根は生薬(薬膳食材)として滋養に富み、喉の乾燥や咳にも有効です。ホタテはビタミンB2が豊富で、糖質や脂質、タンパク質を分解してエネルギーに変え、体を温めます。

2人分の材料でお伝えすると、白菜(1/4株)をざく切りにして鍋に敷き詰め、塩麹(大さじ1)をまぶし、その上に百合根(1個分)を散らします。さらにその上にホタテ缶を汁ごと、ショウガのすりおろし(小さじ1)、ローリエ(1枚)、塩麹(大さじ1)、料理酒(大さじ1)、水(大さじ3)を回しかけます。フタをして中火にかけ、蒸気が上がったら弱火で20分程煮ます。仕上げに塩コショウで整えれば出来上がりです。優しい味で、体を芯から温めて元気になります。

体の中が温かくなる食材を積極的に摂るだけで、元気が湧いてきて風邪も吹き飛ばします。肌においても血色がよくなり、ツヤもよみがえることでしょう。まだまだ続く厳しい冬を、賢く、美味しく食べてのり切ってくださいね。

一覧ページに戻る 一覧ページに戻る

PAGE TOP