TOP / アルビオンを体験 /  BEAUTY TIPS / “美”に効くスイーツのススメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

がんばった自分へのご褒美に、仕事の息抜きに、友達とのおしゃべりのお供に。もちろん苦手な方もいるかと思いますが、多くの女性があま~いものが大好き。スイーツを前にするとなぜだか幸せな気分になりますよね。

とはいえ、甘いものの食べ過ぎは美ボディの大敵。できることなら、カロリーを気にせず楽しみたいものです。
そこで今回は、スイーツを手作りして、カロリーを押さえるアイデアをご紹介します。


砂糖の代わりにあのフルーツを活用
お菓子が高カロリーになる原因のひとつは大量の「お砂糖」。でも、糖分がほしいときこそ食べたくなるのが甘いスイーツですよね。甘くなくなってしまったら、その魅力も半減してしまいます。そこで、お砂糖を使わずに甘さを出すヒントをご紹介します。

お砂糖の代わりになるのは、万能フルーツ“バナナ”。マフィンやバウンドケーキを作る際に、お砂糖の代わりに、バナナをカットしたりすりつぶした状態で入れてみましょう。バナナの自然な甘さが、スイーツにもほどよい甘みをプラスします。

バナナのいいところは、栄養価が高いにも関わらず、低カロリーで腹持ちがよいこと。それだけでなく、食物繊維もたっぷり入っているので、お通じがよくなり、健康面、美容面ともにうれしい効果が。また、それでも甘さが足りないようであれば、はちみつをたすのもおすすめです。はちみつには、ビタミンB1を始め、20種類以上のミネラルやアミノ酸、酵素、ポリフェノールなどさまざまな栄養が含まれているので、疲労回復や美肌効果も期待できますよ。



牛乳はカロリー抑え目の豆乳で代用
そして、カロリーを抑える上でもうひとつ注意が必要なのが、乳製品です。たいていのお菓子は牛乳を使って作ります。カルシウムをはじめ栄養もたっぷりで体にいい牛乳ですが、実は、栄養同様にカロリーもあるので摂取量には注意が必要です。

そこで牛乳の代用品としておすすめなのが、豆乳です。牛乳のカロリーに対して、調整豆乳であればさらに少なめになるので安心。カフェでも、牛乳を豆乳に変更できるサービスがありますよね。多少味のタイプが異なりますが、役割としては十分に代用が可能です。なにより、豆乳には女性の強い味方、大豆イソフラボンが含まれています。体の中の余分な脂肪や糖分を体の外に出してくれる大豆サポニンという成分も入っているので、ダイエットをしたい方にとっては一石二鳥の心強い味方となってくれます。


カロリーオフ、+αの効果に注目
高カロリーなスイーツも、砂糖や牛乳をほかの食品で代用することで、カロリーを気にすることなく楽しむことができます。今回ご紹介した他にも、たとえばプリンを作るときに卵の代わりに裏ごししたかぼちゃを使用し濃厚さを出すと同時に、ゼラチンを使って固める等など、色々なアイデアがあります。

さまざまな食品を代用することでカロリーを抑えてみたり、カロリーだけでなく、代用する食品が持つ栄養素にも注目してみると、プラスαで何かうれしい効果を得られるかもしれません。そんな効果も探りつつ、ぜひ楽しみながら自分へのご褒美スイーツ作りを試してみてくださいね。

一覧ページに戻る 一覧ページに戻る

PAGE TOP