TOP / アルビオンを体験 / STAFF INTERVIEW / 機器分析担当のこだわり

STAFF INTERVIEW 機器分析担当のこだわり 自分にしかできない分析に
やりがいを感じます。

STAFF INTERVIEW 機器分析担当のこだわり 自分にしかできない分析に
やりがいを感じます。

Q現在の仕事内容について教えてください。

生産された医薬部外品バルクに含まれる有効成分が規定量(薬事法で定められている量)入っているかを、高速液体クロマトグラフィやガスクロマトグラフィなどの精密機器を用いて測定しています。

Q検査において、最もこだわっている点は?

サンプルを機器にセットしてからの待ち時間が長く、機器の台数も限られているので、1日に検査できるのは5〜6品です。そのため、どの順番で分析をすれば効率よくできるかを考え、1週間単位で検査計画をしっかり立ててから作業を行うようにしています。特に春夏用の化粧品は美白成分やUVカット成分などの有効成分を含むものが多いので、それらの生産が始まると大忙し。より計画的な測定が必要になります。

Qこの仕事のやりがい、喜びをどんなところに感じますか?

有効成分の測定というのは化粧品の効果を裏付ける仕事ですし、なかには自分にしかできない専門的な分析もある。そこに責任とやりがいを感じています。自分が検査・分析を行った製品が何の問題もなく、お客様に安心してお使いいただいていることが何よりの喜びですね。新製品が出るとつい評判が気になって、口コミサイトをチェックしてしまいます。いい評価をもらえると、心の中でガッツポーズです(笑)!

Q作り手として感じる、アルビオン製品の魅力とは?

原料、バルク、完成品と各段階において様々な検査が行われていて、安全性に徹底的なこだわりを持っている点です。 僕自身、アルビオン製品を使って長年の肌悩みから解放された経験があるので、化粧品としてのクオリティも信頼できますね。

Q今後の目標について教えてください。

お客様が手にされたとき「何かおかしい」と感じる製品を絶対に送り出さないように、今後も品質管理を徹底していきたいと思います。


※掲載内容は2014年10月時点の情報です。

Profile

品質管理課医薬部外品分析担当。入社12年、機器分析担当8年のベテラン。トレードマークの眼鏡は週替わりでローテーションし、検査だけでなく、おしゃれにも抜かりなし!愛用している製品は、スキンコンディショナー フェイシャルソープ N。「さっぱりした洗い上がりが気に入っています。」

STAFF INTERVIEW トップへ戻る

PAGE TOP