TOP / アルビオンを体験 / STAFF INTERVIEW / 出荷検査担当のこだわり

STAFF INTERVIEW 出荷検査担当のこだわり 検査の精度を上げるには 
チームワークが重要!

STAFF INTERVIEW 出荷検査担当のこだわり 検査の精度を上げるには 
チームワークが重要!

Q現在の仕事内容について教えてください。

包装・仕上げラインでの検査を担当しています。全部で11のラインがあるのですが、各ラインに検査員1人が付き、製品が正しく作られているかを製品規格書と表示事項、標準見本品と付け合せて検査します。ラインの流れを止めずに、一つ一つをすばやく、しかし正確にチェックするよう心がけています。

Q例えば、どのような検査項目があるのですか?

パッケージに破損や傷がないか、ラベルの表示が抜けていないかを目でくまなく確認し、内容量が規格通りに入っているかを計測します。キャップがついているものはトルク値(ゆるみ・きつさがないか)を測り、肌につけられるものは官能検査を行います。製品により検査内容や手順が異なるので、それらをすべて覚えるのが大変ですね。

Q検査において、最もこだわっている点は?

出荷検査は「最後の砦」。私たちの次に製品を手にするのはお客様なので、僅かな量の違いやアルファベット一文字のかすれも見逃さないように、厳しくチェックしています。また、一週間ごとに担当ラインが変わるため、次の担当者への引き継ぎも重要です。「ここに傷がつきやすいよ」「この文字がかすれやすいよ」といった情報を細かくメモし、次の担当者がミスに気づきやすくなるようにフォローします。検査の精度を上げるためにはチームワークが欠かせないんです。

Qこの仕事のやりがい、喜びをどんなところに感じますか?

正しく仕上げられていない製品の出荷を未然に防ぐことが出来た時は、やはりうれしく思います。「間違いを見つけてくれてありがとう」と言われると、活力になりますね。私は10年間この仕事をしていますが、今まで担当した製品が回収に至ったことはありません。それが誇りです!

Q今後の目標について教えてください。

アルビオンの製品は中身もパッケージもどんどん進化していくので、私たちもその進化に追いつけるよう、検査技術に磨きをかけていかなければなりません。包装や表示に関する新しい知識をすばやく身につけて、どんな製品も迅速かつ正確にチェックできるようにしたいと思います。


※掲載内容は2014年10月時点の情報です。

Profile

品質管理課出荷検査担当。11人の検査員チームを率いる頼もしきリーダー。いつも明るく元気に働くことを心がけている。「スキンコンディショナーの香りが大好きです。仕事中もこの香りでリフレッシュしています。ハーバルオイルもお気に入り!乾燥にはもってこいのアイテムです。」

STAFF INTERVIEW トップへ戻る

PAGE TOP