TOP / アルビオンを体験 / STAFF INTERVIEW / 製品処方開発担当のこだわり

STAFF INTERVIEW 製品処方開発担当のこだわり

STAFF INTERVIEW 製品処方開発担当のこだわり

Q 現在の仕事内容について教えてください。

ファンデーションやメイクアップベースを中心に製品処方開発を担当しています。本社の商品企画担当や工場の量産化担当と話し合いを重ねて、化粧品の製造レシピを作っていくのが僕の仕事です。また、新しい素材をいち早く取り入れるため、海外へ素材の探索に行くこともあります。

Q 開発において最もこだわっている点は?

「素肌を生かした美しいメイクが、ひと塗りで実現する」こと。これは多くのお客様がアルビオンの製品に求めていることだと思います。そのために、新規素材の探索をはじめ、配合方法、成型方法など、あらゆる面からの検討を行っています。料理と同じで、化粧品づくりも“塩梅”が非常に大事。ちょっとした配合や成形方法の差で質感が異なるものになるので、とても難しいのですが、不可能を可能にしていくことに面白さとやりがいを感じています。

Q 「ホワイトシフォン」「スマートスキン」の開発の難しさは?

カバー力やUVカット効果、化粧持ちなどの“機能性”と、肌につけたときの“心地よさ”を両立するのが非常に難しかったです。何度も検討を繰り返して、女性研究者の肌や自分の肌で一つひとつ試して…1年がかりで製造レシピをつくりあげました。

Q 「ホワイトシフォン」は、成形も難しいのでは?

はい。リキッドファンデーションをパウダー状にする「リキッドドライ製法®」は、非常に高度で繊細な技術を要します。リニューアルで素材の配合を変えると充填条件も変わりますので、何度もテストを繰り返しました。

Q 今後の目標について教えてください。

お客様の期待や前任者が生み出した製品を常に超え、魅力あふれる製品を開発していきたいです。そのために、どんな困難にもあきらめることなく挑戦し、研究者としての発想力、技術力を磨いていきたいと思っています。


※掲載内容は2014年2月時点の情報です。

Profile

入社以来5年間、メイクアップ製品を中心とした処方開発業務を担当。愛用しているアルビオン製品は、薬用スキンコンディショナー エッセンシャル、エクサージュホワイト ホワイトクリスタル ミルク。元バイクトライアル世界チャンピオンでもあるスポーツマン。

STAFF INTERVIEW トップへ戻る

PAGE TOP