TOP / アルビオンを体験 / STAFF INTERVIEW / サンプル企画担当のこだわり

STAFF INTERVIEW サンプル企画担当のこだわり アルビオンとお客様をつなぐ
出合いの掛け橋であり続けたい

STAFF INTERVIEW サンプル企画担当のこだわり アルビオンとお客様をつなぐ
出合いの掛け橋であり続けたい

Q 現在の仕事内容について教えてください。

アルビオンではシーズンごとに様々なブランドで、新商品が発売されています。その時期に合わせて店頭や雑誌、Web上などでお客様に向けて新商品をご紹介するプロモーションを行っていくのですが、その際に使用するサンプルの起案をはじめ、それらのパッケージデザイン、サンプル用リーフレット、お買い上げ時にプレゼントとして差し上げるノベルティの起案制作まで、関連部署と力をあわせながら担っています。

Q サンプルを作る上でのこだわりや工夫、苦労する点などがあれば教えてください。

サンプルは、一度で本商品の良さを正確にお伝えできるものでなければなりません。スキンケアであれば使用感の良さや後肌の変化。ベースメイクであれば肌にのせた時の質感や仕上がりの美しさなど、商品そのままの肌実感で使っていただけるかが最も重要。また、開けた時に中身が吹き出したり、飛び散ったりといったことがあっては、お客様に不快感を与えてしまいます。ですので、ストレスなく安心してお使いいただけるよう、容器の形状や大きさ、使用性にも配慮しています。何度も試作品を作り、自分で試したりして、実は商品と同じくらい丁寧に作っているんです。

Q この仕事のやりがい、喜びはどんなところですか?

自分が起案したサンプルが実際に形になったのを見る瞬間は、こみあげてくるものがあります。特に新規性が高く、形になるまで何度もテストを行い、無事クリアしてお客様の手元に届けることができると、達成感もあります。でもそれ以上に、店舗のスタッフを通じて「サンプルを使ってみたら、とても良かったので購入した」などお客様の声が届いた時や、本商品の売れ行きが好調と聞いた時は本当に嬉しく思います。サンプルを通して、アルビオンとお客様がつながる。そのきっかけづくりが出来るのが何より一番のやりがいです!そして、「時間をかけて、こだわって作ってきた甲斐があった」とここではじめてホッとできる。この感覚も好きです。

Q 仕事と子育てを両立されていますが、仕事の進め方やプライベートで変化はありましたか?

まず、時間の使い方が変わりました。保育園のお迎えの時間があるので、これまでのように残業をすることができません。決められた仕事をこなすだけでなく、限られた時間の中で高いパフォーマンスができるように心がけています。なので、仕事もプライベートもまず結論を導き出してから調整するなど、より効率性を重視するようになりました。でも、このようなことができるのは職場の仲間と家族に協力してもらえているからこそ。改めて周りの人たちに支えられている自分を実感し、日々感謝しています。

Q 今後の夢や目標について教えてください。

サンプルを通して、アルビオンの素晴らしい化粧品をより多くの方に体験いただき、“肌がキレイになった”と実感していただけるきっかけが作れるよう、頭を柔軟にしてよりよいアイデアを生み出していきたいです。また職場の仲間には、仕事と子育てとの両立を支えてもらっているので、将来は自分が未来のママたちをサポートすることで、恩返ししたいと思っています。

Q あなたの“七つ道具”的な、仕事上欠かせないものを見せてください。

ヒールの高い靴やお気に入りの赤いルージュ、時間管理のための時計は、ママモードから仕事モードのスイッチをオンにしてくれる必需品です。また、過去に作った自社商品のサンプルがぎっしり詰まったストックファイルは、表示などの確認や新たなアイデアを生むヒントをもらうために、大切に保存しています。


※掲載内容は2015年11月時点の情報です。

Profile

営業職として入社後、BAと営業を経て現職へ。企画部に異動後は、アルビオンとお客様の“掛け橋”ともいえるサンプル制作を担当。1児の母でもあり、アルビオンの事業所内保育所に子どもを預けながら仕事と育児を両立させている。「まだまだ器用に両立はできませんが、支えて応援してくださる周りのみなさんに感謝しつつ、仕事も育児も楽しみながらバランスをとれるようにしています。

STAFF INTERVIEW トップへ戻る

PAGE TOP