TOP / アルビオンを体験 / STAFF INTERVIEW / セールスアドバイザーのこだわり

STAFF INTERVIEW セールスアドバイザーのこだわり 礼儀礼節や前向きさで
お店様との絆を深めたい。

STAFF INTERVIEW セールスアドバイザーのこだわり 礼儀礼節や前向きさで
お店様との絆を深めたい。

Q 現在の仕事内容について教えてください。

推販グループ所属のセールスアドバイザーとして、全国約500店舗を3人のメンバーで分担。私は東京以北(東京・大宮・仙台・青森・札幌)を担当し、支店のフィールドマーケッター(営業)とタッグを組んで活動しています。
具体的には、オーナー様やスタッフ様と打ち合わせをしながら、『お取引店様の想いや夢、目標』を共有して、その実現や達成の効果的な情報提供や活動提案、様々な後方支援をしています。
また、年に一度、全国でもアルビオンを多く取り扱いいただくお取引店様を東京にお招きするセミナー運営にも携わり、アルビオン流のおもてなしをさせていただくことで、さらなる絆が深まるよう、毎年趣向を凝らしています。

Q セールスアドバイザーとして大切にしていることは?

お取引店様や担当営業の想いを大切に、その夢の実現や達成に向けて、本社として提案や支援をしています。その際も、お取引店様や支店メンバーと一丸となれるよう熱い想いと立ち振る舞いに細心の注意を払うとともに、まだ若輩者なので、「元気のよさ」「礼儀礼節」「前向きさ」を信条に、誠意をもって取り組むことを第一にしています。
また、提案をするときには、こちらから一方的に伝えるのではなく、お取引店様や営業と一緒に課題や将来の夢を共有しながら、ひとつでも多く改善できるよう努めています。

Q この仕事のやりがいや、喜びはどんなところですか?

お取引店様や営業と打ち合わせて提案した企画を、具体的かつスピーディに動いていただき、その結果、新しいお客様との出会いが増えたり、売り上げが上がるなど目標を達成できた時は最高にうれしいですね。
それと、以前よりも広い視点で、いかに新しいお客様との出会いを増やすか、いかに全国のお取引店様に貢献できるかを考え、常に全体感を意識するようになり、さらなるやりがいを感じています。

Q 仕事上、欠かせないものを教えてください。

①スーツケース ②名刺入れ ③パソコン ④手帳 ⑤携帯電話 ⑥ノートです。
月の半分は担当エリアに出張していて、長い時は、4、5泊することも。だから、このスーツケースが出張の相棒であり、頼れる助っ人です。他に走り書き用のノートも携帯しています。お取引店様への提案や課題などお話しする内容は常に書き留めて、後で見返して生かすようにしています。

Q 今後の夢や目標について教えてください。

新しいお客様との出会いが増えることで、お取引店様に喜んでいただくために、常に『可能性思考』でトライしていきたいと思います。そしてその結果、お取引店様がさらに発展されていくことが私の夢です。まずは、挨拶や笑顔を絶やさず活動しながら、もっともっとアルビオンのファンを増やしていくことが目標です。


※掲載内容は2015年8月時点の情報です。

Profile

営業職として3つの支店勤務を経て現職に。「2人の姉の影響で、幼い頃より化粧品は見慣れていましたし、化粧品には女性を幸せにする“力”があることを感じていました。そして、採用担当の人事の男性が身綺麗でカッコよかったのが決め手に(笑)。お取引店様やアルビオンの先輩方が、現在まで積み上げてきた歴史を大切にしながら、私も努力と熱意をもって頑張ります!」

STAFF INTERVIEW トップへ戻る

PAGE TOP