TOP / アルビオンを体験 / STAFF INTERVIEW / アシスタントのこだわり

STAFF INTERVIEW アシスタントのこだわり 多くの方にアルビオンを
好きになってもらいたい。

STAFF INTERVIEW アシスタントのこだわり 多くの方にアルビオンを
好きになってもらいたい。

Q 現在の仕事内容について教えてください。

アルビオンの商品をお客様にご紹介するビューティアドバイザー(以下、BA)や化粧品専門店の皆さまなどが、トレーニングする講習のサポートを行っています。各教育のカリキュラム内容に合わせての準備や、商品などの物品管理、受講者へのアドバイス、お客様へのお茶出しなど、教育現場の裏方として働いています。裏方とはいえ、デモンストレーション実習の時はアシスタントがメイン。準備からその進行やお伝えの仕方まで、緊張感をもって取り組んでいます。

Q 「アシスタント」として大切にしていることはありますか?

私たち教育センターで働く者は、常に受講生のお手本でなければなりません。アルビオンのBAとしての立ち居振る舞い、制服の着こなし、メイクやヘアスタイルの美しさ、表情や言葉遣いなど、客観的に見るように心がけています。また、受講生は慣れない環境のなか、たくさんの知識を詰め込もうと一生懸命なので、心身ともに硬くなりがちに。なので、少しでも楽しんで学べるように、こまめに話しかけたり、笑顔で接するように心がけています。

Q アルビオンのおもてなし(気働き)についてどうお考えですか?

私は、相手のことを考えて行動に移すことが大切だと考えています。それが受講生でも共に働くメンバーでも同じ。自分の気持ちだけ、一方通行のような押しつけにならないよう、相手が今何をされたらうれしいのか、何を求めているのか、常に想像力を働かせています。

Q この仕事のやりがい、喜びはどんなところですか?

アルビオンファンが1人でも増えることです!受講生が、商品や会社、アルビオンの考え方など、教育を通じて好きになって下さることはとてもうれしい。また、自分が関わった受講生が店頭でイキイキと働いている姿を見たり、教育センターで再会した際に“アルビオン愛”にあふれているのを感じたりすると、この仕事をしていてよかった、と心から思います。

Q 今後の夢や目標について教えてください。

アシスタントとしては、受講生から“いつかあなたのようなBAになりたい”と思われるような、憧れられる存在に成長したいです。アルビオンメンバーとしては、今後どの部署に異動してもきちんと役割を果たし、周囲の期待に応えられる社員であり続けたいです。

Q あなたの“七つ道具”的な、仕事上欠かせないものを見せてください。

ポケットサイズのメモ帳、消せるボールペン、ポストイットは必ず携帯します。トレーナーが講義中に発したキーワードやワンポイントアドバイスは、今後活かせることがあると思うので、いつでもメモできる状態にしてあります。また、実習はもちろん、講義のサポート中やお茶出しなどでは自分の手が受講生の視界に入ることが多いので、ハンドクリームを持ち歩いて常に手元のケアも行っています。


※掲載内容は2015年4月時点の情報です。


あなたも“美のスペシャリスト”を目指しませんか?
ビューティアドバイザー採用情報はコチラ

Profile

神戸、東京でBAとして勤務後、現職へ。「接客現場にいたころは、商品のご紹介に力を注いでいましたが、現職についてからは意識が一転。いかにアルビオンそのものを好きになっていただくか、広い目で見て行動するように。そうすると私自身もどんどんファンになっていくんです!実はそれが一番、アルビオンをご理解いただくことにつながるのかな、と改めて感じています。」

STAFF INTERVIEW トップへ戻る

PAGE TOP