TOP / アルビオンを体験 / STAFF INTERVIEW / フィールドマーケッターのこだわり

STAFF INTERVIEW フィールドマーケッターのこだわり お店様との信頼関係を結ぶとともに、
アルビオンのファンを増やしたい

STAFF INTERVIEW フィールドマーケッターのこだわり お店様との信頼関係を結ぶとともに、
アルビオンのファンを増やしたい

Q 現在の仕事内容について教えてください。

東京、甲府、松本を管轄する東エリアで、約10店舗の担当営業をしています。お店様をまわりながらご経営者や販売スタッフへ、アルビオンをさらにご理解いただき、もっと商品を好きになっていただくためのご提案を中心に、時には棚卸しやディスプレイの工夫をする等、一緒にお店を盛り上げるお手伝いをさせていただきます。
また、ビューティアドバイザー(以下、BA)と打ち合わせをして、お店をいかに活性化し、お客様に喜んでいただけるか模索するとともに、自分でも本社での新製品勉強会に参加して商品の勉強をしています。

Q フィールド マーケッターとして大切にしていることは?

こちらが話すよりも、まずは“聴く”ことを何よりも大切にしています。お店様にしっかりと耳を傾けることで、「アルビオン」という看板の前に、個人としても信頼していただけるように、努力しています。
また、BAたちの話もよく聴き、彼女たちがイキイキと働ける環境づくりを大切にしています。礼節を大切に、女性が多いので身だしなみや言葉遣いには気をつけています。

Q この仕事のやりがいや、喜びはどんなところですか?

担当するお店様が目標を達成し、少しでもお役に立てたときが最大の喜びです。そして、「一緒に仕事ができて良かった。ありがとう」と言われたときは、本当に感激しました。この仕事に出逢えて良かったと思う瞬間です。

Q 仕事上、欠かせないものを教えてください。

常にお店様やBAと連携できるように、携帯の充電器やWi-Fiなどの電子機器ツールは必須アイテムです。
また、身だしなみにも気をつけたいので、サッと使える“シミ抜きペン”も必携。それらをひとまとめにできる、コンパクトな収納アイテムが重宝しています。

Q 今後の夢や目標について教えてください。

目指す先輩像となることはもちろん、自分に誇りの持てる、父親として自分の子ども達にも自慢して語れるような、そんな仕事がしたいと思っています。
そして、かつて美白美容液で肌が目に見えてトーンアップしたことに自分も驚いたように、将来的には、感動を与えられる商品開発や企画等、どんどん仕事の幅を拡げていくことが目標です。


※掲載内容は2015年3月時点の情報です。

Profile

入社以来、営業一筋。今まで経験したエリアは、横浜、福岡、金沢。「アルビオンはワクワク・ドキドキする商品の宝庫。もっともっと多くの方と出逢い、喜んでいただきたい!」と精力的に提案活動をする日々。住まいを海の近くにするほどサーフィン好きな、スポーツマンの一面も。

STAFF INTERVIEW トップへ戻る

PAGE TOP